2020年11月17日火曜日

『國華』1500号❣❣❣3

 

世界でもっとも長命の美術雑誌が我が国にあるということは、日本が美の国であることの証明です。美術のまほろばであることの証しです。人文科学はもとより、社会科学でも、自然科学でも、世界最長の雑誌は必ず欧米にあると聞いたことがあります。それが美術だけは、我が日本に存在するんです。

これは美術を愛して止まない国民、日本東洋美術を慈しむ世界の人々が、明治以来『國華』を支えてくれたからにほかなりません。そのような人々の期待に応えて、岡倉天心以来、編集に携わってきた先輩たちが大変な努力を傾けてきたことも、ぜひ書き加えておきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

『國華』1500号❣❣❣16

ところが西田さんによると、当時の 1 円はかけそば 100 杯分にあたったそうです。つまり、かけそば 1 杯が 1 銭ほどだったのでしょう。ときどき僕が食べに行く近くのお蕎麦屋さん「あん彦」では、かけそばが 1 杯 667 円ですから、これで計算すれば、『國華』創刊号は 6 万 ...