2018年9月19日水曜日

『君たちはどう生きるか』1



ついに天下の名著がマンガになる時代がやってきたんですね。若い人たちが誰も振り向かなくなってしまった古典が、羽賀翔一のマンガになって不死鳥のようによみがえり、しかもベストセラーになる――すばらしいことですね!! 泉下の著者も、どんなに喜んでいることでしょう。

とはいっても、僕がこの本をはじめて読んだのは、40歳にもなってからのことでした。吉野源三郎氏が一番読んでほしいと思ったにちがいない10代のときも、その後もずっと手に取ることはありませんでした。

10代のころ僕は、もっぱら日本の小説でした。単におもしろかったからであり、すぐれた小説のなかには、人間の生き方がすべて含まれている――なんて思って読んだわけじゃありません。しかし吉野源三郎とか、武者小路実篤とか、石川達三とかのいわゆる人生論本は、ハナからつまらなそうでしたし、ちょっと背伸びすることがカッコイイと思っていた僕にとって、カッコ悪い本だったのでしょう。

2018年9月18日火曜日

「饒舌館長」ファンの皆様へ4


この「饒舌館長」のページビューが、はじめに書いたように、皆さまのお陰をもって大台に達したというわけです。改めて、衷心より感謝申し上げる次第でございます。

これまでの「饒舌館長」ベスト3は、①東京国立博物館で開催した特別展「『國華』創刊130周年記念 名作誕生」の講演会「日本美術鑑賞への誘い」の1回目、②同じく「名作誕生」の紹介記事、③根津美術館特別展「光琳と乾山」の1回目となっております。

なお、「K11111のブログ」の方はどうなっているのかなぁと思って先日チェックしたところ、いまも毎日けっこう見られていて、アクセス数の総計も8万を超えていることが分かりました。しかし、「K11111のブログ」にアクセスする時間がおありでしたら、今や毎日更新されている「饒舌館長」の方を是非よろしくお願い申し上げます。ついでにフォロアーになっていただければ、これにまさる幸せはございません()


2018年9月17日月曜日

「饒舌館長」ファンの皆様へ3


静嘉堂文庫美術館にとらばーゆしたあともこれを続けていましたが、このブログを美術館のHPに貼り付けてもらえれば、またアクセス数もぐっと伸びるんじゃぁないかなぁと思うようになりました。

しかし、問題は楽天ブログです。「K11111のブログ」の周りに、たくさんの広告がアップされ、これを消すことはできないんです。静嘉堂文庫美術館のHPから飛ぶと、そこにコマーシャルがゴチャゴチャと並んでいるようでは、岩崎家にゆかりある美術館の品位にかかわります。

そこで事務長の上田さんに調べてもらうと、グーグルの「ブロガー」では、いっさい広告のないことが分かりました。もちろん無料です。広告ナシしかも無料で、なぜ運営できるのか不思議なのですが……。そこでこれを使って新しく「饒舌館長」を立ち上げ、静嘉堂文庫美術館HPにリンクを貼ってもらい、「K11111のブログ」は止めることにしました。


2018年9月16日日曜日

「饒舌館長」ファンの皆様へ2


「先生は15回も忘年会をやっていますが、いくら何でもやりすぎだと思います!」と書いてきた学生がいたんです。即、ダイアリーの方は止め、美術ニュース一本にして、「館長のつぶやき」というタイトルにしました。

しかしアクセス数があまり伸びないので、「おしゃべり館長」という<釣り>を意識したタイトルに変えました。2014年、秋田県立近代美術館から京都美術工芸大学にとらばーゆしましたが、美術館からHPのブログだけは続けてほしいといわれました。

もちろん喜んで引き受けましたが、「おしゃべり元館長」というのもちょっとおかしいと思われたのか、「おしゃべり名誉館長」にしてくれ、それにつられて本当の名誉館長になっちゃいました(!?) 

その後、秋田県立近代美術館の方は実践女子大学の仲町啓子さんがあとを引き受けてくれることになったので、「おしゃべり名誉館長」も止め、「楽天ブログ」を使って、「K11111のブログ」を立ち上げました。


2018年9月15日土曜日

「饒舌館長」ファンの皆様へ1


「饒舌館長」ファンの皆さま、ありがとうございます!!

 「饒舌館長」のページビューが大台を突破しました。ひとえに皆さまのお陰です。これからも美術を中心に、おもしろい話題、楽しいニュース、ためになる雑学を毎日アップしていきます。いや、これまでと同じく独断と偏見のオンパレードになっちゃうかな() それはともかく、よろしくご支援ご鞭撻のほど、伏してお願い申し上げます。

 思い起こせば、秋田県立近代美術館時代、副館長さんから求められるままに、そのホームページにアップしたのがことの始まりでした。最初は面倒くさいなぁ、また仕事が増えちゃうなぁ、続けられるかなぁと思ったものでした。しかし、先日アップしたタケさんの「青い日記帳」に背中を押されたこともあって、やってみるとすごくおもしろいんです。みんなブログやSNSにハマる理由が、よく腑に落ちたものでした。

そのころは美術ニュースと、個人的なダイアリーに分けてアップしていました。ところが、当時教えていた尚美学園大学の学生に、これを読んで感想を書きなさいという課題を出したところ……。


2018年9月14日金曜日

岡田米山人・お酒の詩5


米山人のお酒の詩には、さらに「松鶴山水図」に寄せた七言絶句があります。これもなかなかよい詩ですから、戯訳で紹介することにしましょう。

  貴兄は教える山中で 正しく人の生きる道

  孔融みたいに客たちへ ふるまう長寿の祝い酒

  松を植え鶴 飼いたりと 最近聞いたが その松に

 添う若松と鶴にゃ孫――かかる繁栄 祈りたい

なお原詩では、2番目の承句がが「寿酒新開北海尊」となっています。その「北海尊」については、入矢義高先生の解説をそのまま引いておくことにしましょう。

北海尊 尊は樽と同じ。後漢の孔融は寛厚な人格者で、後進の者を引き立ててやることを好んだので、いつも賓客が詰めかけた。彼はこう言った、「座上に客が常に満ち、尊中に酒が空にならなければ、私は憂うることはないのだ」と。北海とは、彼が北海郡の太守となったからそういう。


2018年9月13日木曜日

岡田米山人・お酒の詩4


 周りはみんな酔っ払い 自分も我を忘れたり

 酒盛りさらに盛り上がりゃ これ仙人のユートピア

 そこに天才絵師登場 流れるごとく揮う筆

 描き出したり!名山と 大きな沢の傑作を

   もともと米山人はお酒を飲みませんでしたが、古稀を過ぎてから、はじめてお酒の素晴らしさを知るようになりました。酔っぱらうと天衣無縫にして豪放磊落、みずから「酔仙」と名乗りました。画品きわめて高く、しかも酔っぱらって描いた作品が一番すぐれています。


『君たちはどう生きるか』1

ついに天下の名著がマンガになる時代がやってきたんですね。若い人たちが誰も振り向かなくなってしまった古典が、羽賀翔一のマンガになって不死鳥のようによみがえり、しかもベストセラーになる――すばらしいことですね !!  泉下の著者も、どんなに喜んでいることでしょう。 ...