2020年2月12日水曜日

静嘉堂文庫美術館「磁州窯と宋のやきもの」11


①白地黒掻落牡丹文如意形枕(磁州窯 伝鉅鹿出土)        宋時代  №17

   狩野山楽「牡丹図襖」(大覚寺<宸殿>蔵)          江戸時代初期

②白地鉄絵獅子花卉文壷(磁州窯系)               元時代  №34

   俵屋宗達「唐獅子図杉戸」(養源院蔵)            江戸時代初期

③三彩白地掻落束蓮文枕(磁州窯系 伝山西出土)         金時代  №26

   酒井抱一「白蓮図」(細見美術館蔵)             江戸時代後期

④翡翠釉白地鉄絵龍鳳文壷(磁州窯)               元時代  №36

   伊藤若冲「老松鳳凰図<動植綵絵>」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵) 江戸時代中期

⑤白地鉄絵紅緑彩人物文壷(磁州窯系)              元~明時代№51

   曽我蕭白「群仙図屏風」(文化庁蔵)             江戸時代中期

⑥白地鉄絵虎図枕(磁州窯「張家造」印銘 伝鉅鹿出土)      金時代  №22

   長沢芦雪「龍虎図襖」(串本・無量寺蔵)           江戸時代中期

⑦黒釉線彫「福徳長寿」文梅瓶(磁州窯系)            金~元時代№44

  白隠慧鶴「七福神寿船図」(個人蔵)             江戸時代中期

⑧白地鉄絵水禽図枕(磁州窯 泰和元年<1201>墨書銘)      金時代  №21

   司馬江漢「秋景芦雁図」(ボストン美術館蔵)         江戸時代中期 

⑨黒釉掻落魚鳥文四耳壷(磁州窯系)               元~明時代№49

   渡辺崋山「遊魚図(海錯図)(静嘉堂文庫美術館蔵)      江戸時代後期

⑩翡翠釉白地鉄絵菊花文双耳香炉(磁州窯系)           元~明時代№37

   葛飾北斎「菊花図」双幅(小布施・北斎館蔵)         江戸時代後期

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館WSと徳川景山の詩2

暮れなずむころ帰宅すれば、猫のひたいほどの庭の白梅が、いまを盛りと咲き誇り、馥郁とした香りを放っています。僕の前に住んでいた西尾さんが植え遺していってくれた銘木です。さっそくダイニングルームからガラス越しに眺めながら、銘酒「百年の孤独」を一杯やれば、あぁ至福のひと時!とはこの...