2019年11月9日土曜日

パナソニック汐留美術館「デュフィ展」4


これを「僕の一点」に選んだのは、かつて鎌倉大谷記念美術館で拝見、強く心に残っているからです。ホテルニューオータニ会長であった大谷米一さんの絵画コレクションは、鎌倉の私邸を改装した美術館で公開されていました。横須賀線に乗れば逗子からはひと駅、何度かお邪魔しましたが、そのたびに僕をいやしてくれたのは、そのデュフィ・コレクションでした。

この美術館は、朽木ゆり子さんいうところの邸宅美術館――日本では数少ないすばらしい邸宅美術館でした。もちろん大谷家の邸宅ですからとても立派でしたが、美術館としてはこじんまりしています。そこにデュフィの作品が、最高の居場所を見っけた!!という風情で並んでいるんです。「赤いヴァイオリン」のクオリティは言うまでもありませんが、それほど大きくない号数が、その室内空間にピッタリでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

五木寛之『大河の一滴』6

『広辞苑』によると、「俗情」の第一義は「世俗のありさま。また、世俗の人情」です。俗情には「名利を念とする情」とか、若いころ悩んだ「情欲」の意味もありますが、もちろん大西巨人のいう「俗情」は第一義、つまり市井の人々の自然な心の動きです。「結託」がいかにも巨人的表現だとしても、世俗の...