2019年11月10日日曜日

パナソニック汐留美術館「デュフィ展」5


この「ラウル・デュフィ展」にも出品されていて、代表作とたたえられるべき大作「黄色いコンソール」(1949年)もあったように思いますが、やはり忘れられないのは「赤いヴァイオリン」なんです。少なくともこの作品は、美術館よりも邸宅の方がふさわしいように感じられました。もっともそれは、むかし食べたものの方がおいしいように思うのと同じかもしれませんが……。

このほかにも本展には何点か大谷コレクションから出陳されていましたが、ちょっと残念なことに、鎌倉大谷記念美術館は現在休館中のようですね。デュフィとともに、これまた大好きな速水御舟の「林久寺堀外の道」がふたたび拝見できる日が、一日も早く来ることを願ってやみません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

絵画の表装ベストテン3

高階秀爾「マスターピースと『名物』――芸術における価値の創出」 (『西洋の眼 日本の眼』青土社  2001 年) その過程で、村田珠光や千利休のような偉大な宗匠たちが、儀式に必要なあらゆる道具を選び、評価する新しい基準を打ち建てました。それはいわば美学革命と...