2019年8月25日日曜日

三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ展」1


三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」<106日まで>

 マリアノ・フォルチュニ(18711949)は、軽くてしなやかでシンプルなフォルムの<デルフォス>を創り出した天才的なデザイナーです。デルフォスは繊細なプリーツを縦に施した、レディーのためのシルク・ドレスで、フォルチュニはギリシア彫刻から霊感を得たそうです。確かによく似ていますが、僕はギリシア彫刻より、アール・デコとの強い親近性に興味を掻きたてられました。

デルフォスはコルセットを必要としない、着心地の好さとも相まって社会から迎えられ、フォルチュニは早くも20世紀初頭、服飾界の寵児となったと、カタログには書いてあります。しかし、コルセットは必要ないかもしれませんが、着る人自体の美しい体形は必要じゃ~ないかな?(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

諸橋轍次博士と石井茂吉氏1

先日「諸橋轍次博士」で あげた DVD 「諸橋轍次博士と『大漢和辞典』」によって、この辞典の完成には、もう一人、きわめて重要な役割を果たした方がいらっしゃった事実を知りました。石井茂吉氏( 1887 ~ 1963 )という発明家にしてタイポグラファー、そして事業...