2019年2月9日土曜日

森アーツセンターギャラリー「新・北斎展」1


 森アーツセンターギャラリー「新・北斎展」<324日まで>(26日)
 


 インフォーメーション・リーフレットには、「みどころ」として「永田コレクション最後の東京公開」とあり、次のように書かれています。

北斎研究の第一人者である故・永田生慈氏の2000件を超えるコレクションから選りすぐりの作品を展示。本展に出品された後は、島根県のみで公開されることとなり、東京で見られる最後の機会です。

 そうなんです!! この「新・北斎展」は、「永田北斎展」と呼ばれてしかるべきでしょう。西新井大師総持寺所蔵の「弘法大師修法図」や、米国・シンシナティ美術館の「向日葵図」、個人所蔵の「冨嶽三十六景」なども集められ、全出品数は480件という大規模かつ網羅的な葛飾北斎展ですが、中核をなすのは永田生慈コレクションです。

そして何よりも、永田先生が生涯をかけて研究から帰納された北斎という天才の実像が、見るものの心を鷲づかみにするような特別展なんです。
2月10日(日)9:00 NHK・Eテレ「日曜美術館」を是非見てくださいね!!!!!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

金子啓明『古代一木彫像の謎』6

本来タケも東南アジアの原産で、それが中国にもたらされたものと考えられています。タケのことを英語で「バンブー」といいますが、これはタケを祭祀などで燃やす習慣のあった東南アジアで、その破裂音を聞いた欧米人が、これをその名称に用いたものであると、どこかで読んだ記憶があります。 ...