2020年10月19日月曜日

葛飾北斎『万物絵本大全図』大英博物館蔵8

 

儀狄が自分の造った酒を禹王に献上したところ、一口味わった禹王は、「後世この美味にして陶然とさせる飲み物によって国を滅ぼすものが出るであろう」と語り、儀狄を避けるようになったといいます(『戦国策』魏策)。

酒と食と色と台[うてな](豪邸)、これらは国を滅ぼす4大悦楽といわれますが、さすが儒教の聖王は、一口飲んだだけで酒の魔力を洞察しました。果せるかな、禹王の末裔である桀王は、連夜の酒池肉林の末に夏王朝を滅亡させたのです。禹王は夏王朝が酒によって滅びることを予測していた訳ではないでしょうが、桀王は酒で国を滅ぼした最初ということになるでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

東京国立博物館「桃山」9

この「李白観瀑図」には景筠玄洪 [ けいいんげんこう ] という禅僧の七言絶句が着賛されています。この賛者について詳しいことは知られず、臨済宗大応派の太原崇孚 [ たいげんすうふ ] に師事したことが分かっているだけでした。 しかし山下さんによると、大石利雄さんの研究によって...