2020年3月24日火曜日

荒井健・田口一郎『荻生徂徠全詩』2


折り返し鄭重なるお手紙を頂戴して恐縮しましたが、李賀をとおして、この碩学とお知り合いになれたことが、殊のほかうれしく感じられました。

先日、荒井さんは田口一郎さんと一緒に出版された『荻生徂徠全詩』1をお贈りくださいました。446ページ、これから出る全4巻で完結というのですから、ものすごいエネルギーの要るお仕事です。

ページを開けば、『徂徠集』巻1の「風雅一首」から始まり、原詩、読み下し、語注、現代語訳とそろって、詳細を極めています。巻末には、「主要人名一覧」と「頻出語彙」のページが加えられています。荒井さんは僕より14歳年長、どこにこのような集中力が隠されているのでしょうか。田口さんとの共著とはいえ……。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

島尾新『水墨画入門』3

「参考文献抄」には、僕が監修した『水墨画』(美術年鑑社)があげられていますし、水墨画について拙文を書いたこともあります。しかし今回、まったく知らなかった事実や示唆的な見方を、たくさん島尾さんから教えてもらいました。「矢代幸雄の名著『水墨画』<岩波新書>から半世紀、...