2019年11月28日木曜日

中国美術学院「歴史と絵画」5


その高居翰記念図書室に、「高居翰教授栄休賛」と題される書画賛が掲げられていました。中国椅子に腰かけるケーヒル先生が描かれ、その右上に五言詩の賛があって、「一九九四年五月二日図於香江並誌 萬青力」と落款されています。
ケーヒル先生がこの年、カリフォルニア大学バークレー校を定年退官されるにあたり、萬青力先生が香港から贈られた書画賛なのでしょう。萬青力先生は画家にして中国美術史の研究者で、かつて米国・カンサス大学や香港大学でお会いしたことがあるのですが、201772歳でお亡くなりになりました。
その五言詩を、原詩と僕の戯訳で紹介することにしましょう。これは「高居翰教授栄休賛」を頭字に読み込んだ蔵頭詩、我が国でいえば折句、つまり「カキツハ(バ)タ」を読み込んだ「唐衣着つつなれにし妻しあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」みたいなものです。僕もそれを守ろうとしたので結構苦労しました(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

中国美術学院「歴史と絵画」11

長い間、黒田は古典主義と印象派を折衷した外光派アカデミズムを我が国へもたらした画家であり、その決定的要因として、ラファエル・コランとの偶然ともいうべき邂逅があげられてきた。これに対して高階秀爾氏は、まったく新しい黒田像を描き出した。黒田の意図した西欧的構想画は、日...