2019年8月11日日曜日

丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って、おもしろいです。』2



この『丁先生、漢方って、おもしろいです。』(朝日新聞出版 2014年)は、文字通りおもしろい本です。もちろん漢方なる医療がとてもおもしろいことはよく分かりましたが、この本自体がおもしろいんです。

丁さんの博覧強記はあっちに行きこっちに行き、読んでいてなるほど!! ホンマかいな? クスクスニヤニヤ♡♡、あまりのおもしろさに一気に読み終えたことでした。絶妙なる聞き出し役である南さんに、丁さんがうまく乗せられたといった感もありますが、「丁先生の雑談力」という一章があるように、丁さんは座談の名手なのでしょう。拝読して、とくに興味深かったのは……。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館WSと徳川景山の詩2

暮れなずむころ帰宅すれば、猫のひたいほどの庭の白梅が、いまを盛りと咲き誇り、馥郁とした香りを放っています。僕の前に住んでいた西尾さんが植え遺していってくれた銘木です。さっそくダイニングルームからガラス越しに眺めながら、銘酒「百年の孤独」を一杯やれば、あぁ至福のひと時!とはこの...