2019年8月11日日曜日

丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って、おもしろいです。』2



この『丁先生、漢方って、おもしろいです。』(朝日新聞出版 2014年)は、文字通りおもしろい本です。もちろん漢方なる医療がとてもおもしろいことはよく分かりましたが、この本自体がおもしろいんです。

丁さんの博覧強記はあっちに行きこっちに行き、読んでいてなるほど!! ホンマかいな? クスクスニヤニヤ♡♡、あまりのおもしろさに一気に読み終えたことでした。絶妙なる聞き出し役である南さんに、丁さんがうまく乗せられたといった感もありますが、「丁先生の雑談力」という一章があるように、丁さんは座談の名手なのでしょう。拝読して、とくに興味深かったのは……。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

漢方薬と饒舌館長7

処方されたのは、錠剤の「金蓮花」、ネスカフェみたいな「板藍根」、アンプルに入った「蛇胆液」の3種でした。 金蓮花は化膿止め効果があるということでしたので、白湯で飲みました。板藍根は熱冷ましとして利くということでしたが、お湯で溶いて飲もうとすると、小さな網戸のキ...