2019年8月12日月曜日

丁宗鐵・南伸坊『丁先生、漢方って、おもしろいです。』3




南 そういえば先生、ホームレスの人、糖尿病にはなるが水虫はいないって話もありましたね。

丁 風呂に入らないから、皮膚が丈夫です。われわれの皮膚には皮脂腺というのがある。不飽和脂肪酸を出して、それで細菌感染を防いでいます。よく免疫が大切といいますが、免疫というのは、病原菌が体の中に入ってきてから。免疫系が動くというのは、複雑なシステムが連動する必要があってすごく体力を消耗します。風邪を引いてウイルスが体の中に入る。熱が出てぐったりしてくる、頭痛がして、肩もこってくる。ですから、免疫系が動き出すってのは大変なことで、その前に防御しておいたほうが効率がいい。皮膚と粘膜を丈夫にしておくことです。乾布摩擦がいいとか、いろいろ言いますが、一番いいのは風呂に入らない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

漢方薬と饒舌館長7

処方されたのは、錠剤の「金蓮花」、ネスカフェみたいな「板藍根」、アンプルに入った「蛇胆液」の3種でした。 金蓮花は化膿止め効果があるということでしたので、白湯で飲みました。板藍根は熱冷ましとして利くということでしたが、お湯で溶いて飲もうとすると、小さな網戸のキ...