2018年10月10日水曜日

出光美術館「仙厓礼讃」3


冗談はともかく、八波浩一さんのカタログ巻頭論文「老いて、なお楽し――第二の人生を謳歌した禅僧・仙厓の隠居生活」を、高齢者はもちろん、若い方々にも是非お読みいただきたいなぁと思います。

「僕の一点」は、やはり「○△□」ですね。以前「前方後円墳」について独断と偏見をアップしたとき、泉武夫さんの説を中心に紹介したことがあります。そのとき、前方後円墳が実は○と△と□でできているという説があることを紹介しましたが、仙厓の「○△□」を一つのユニバースとみる鈴木大拙の解釈こそ、その前方後円墳○△□説に、思想的な補強を加えてくれることになるでしょう。

八波さんから、Daisetz Suzuki “Sengai, The Zen Master” Faber & Faberのコピーをいただいたので、さっそく僕なりに訳してみました。拙いものですが、改めて前方後円墳問題を考えてみたいと思いますので、それに先立ってこれを紹介することにしましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

水田宗子編『比較メディア・女性文化研究』6

戦後の日本現代詩の「和歌的抒情」(小野十三郎)と俳句第二芸術論(桑原武夫)に表明される詩的伝統の否定は、それが思想的に、日本、東洋思想から西欧思想へ内的基盤を移すことを意味しているわけではない。既に西欧近代はヨーロッパからの脱却として東洋思想と文芸に大きな影響を受けながら...