2018年10月11日木曜日

出光美術館「仙厓礼讃」4


仙厓「○△□」

 「○△□」は宇宙を表現した仙厓の絵画作品である。○はすべての存在の根本をなす無限をあらわしている。しかし無限そのものに形はない。感覚と理性をもった我々人間にとっては、具体的な形が必要である。この要請にしたがって△が生まれる。△はすべての形の基本だからである。

それから最初に□が生まれる。□は△が二つ合わさった形だからである。その合体が無限に続く結果、遂にはきわめておおくのものが誕生する。中国の哲学者はこれを「万物」と呼んだが、すなわち宇宙のことである。

 言葉によってものごとを考えようとする我々につきまとう問題は、言葉を現実だと思い込み、時間という存在がなければ、言葉など何の意味ももたないということを、忘れてしまう点にある。実際は、言葉こそ時間であり、時間こそ言葉なのだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「川喜田半泥子私論」7

翌日はお馴染みの河野トーク、演題は「福田豊四郎 北国の抒情」、この郷愁の画家について持論を吐露していたら、絶筆の「紅蓮の座・池心座主」にたどりつく前に、タイムアップとなってしまいました。 この日の午前中はフリーだったので、前から訪ねてみたいと思っていた石水美術館への...