2018年7月1日日曜日

優先席16


人文科学の分野でも同様で、博士号まで取ったものの正規の職がなく、いくつも非常勤講師を掛け持ちしながら、何とかやっているという研究者が少なくありません。正規の職も期限付きだったりします。これまた新聞によると、人文科学だけじゃなく、理工系でも同じような状況のようですね。

もちろんこれは、いまの若者がやる気を欠いているためでも、怠惰なためでも、計画性をもたないためでもありません。すべて社会が悪いのであり、世間が冷たく悪意に満ちているからです。さくらと一郎も、♪貧しさに負けた いえ 世間に負けた♪ ♪世間の風の 冷たさに こみあげる涙♪と歌っているじゃありませんか(!?) したがって、♪幸せなんて 望まぬが 人並みでいたい♪ということになるのです。

この山田孝雄・むつひろしの名曲「昭和枯れすすき」は、僕がもっている『あのうた このうた 2222曲 1998年版』――サトウサンペイが表紙を明るく飾るソングブックによると、1974年のコピーライトがついています。あの経済高度成長時代にも社会には問題があり、世間は冷たかったわけですが、現在はその比じゃありません。とくに若者に対しては厳しく、冷淡です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...