2018年6月29日金曜日

鏑木清方記念美術館「清方の美人画」3


かといって、まったく無関係ともいえないような気もします。「男女間の恋愛」あるいはそれにきわめて近い感覚が、清方美人をながめる僕の気持ちのなかに含まれていたからです。このような感情や表現をどのように呼べばいいのでしょうか。

エロティシズムではないけれども、しかし単に美しいとか、エレガントとか、綺麗だとかいうのでもない。うまい表現が見つかりません。「エロティシズムを超越したエロティシズム」などと言ってみても、隔靴掻痒の感が残るでしょう。

「僕の一点」は、季節にちなんで「あじさい」を選んでみました。紫陽花が一輪だけ淡彩で描かれ、「清方」の落款に「紫陽花舎」という朱文方印が捺されています。清方さんは紫陽花が大好きで、みずからのアトリエを「紫陽花舎」[あじさいのや]と名づけました。キャプションには、清方さんの紫陽花をたたえる一節が掲げられていました。

水色白群から白群、それから淡い藤色に変わって行く、その色の美しさと変化の中には秘めやかな妖気があり、異国趣味がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「川喜田半泥子私論」7

翌日はお馴染みの河野トーク、演題は「福田豊四郎 北国の抒情」、この郷愁の画家について持論を吐露していたら、絶筆の「紅蓮の座・池心座主」にたどりつく前に、タイムアップとなってしまいました。 この日の午前中はフリーだったので、前から訪ねてみたいと思っていた石水美術館への...