2017年10月3日火曜日

東京国立博物館「フランス人間国宝展」5


これらを撮影していたフランスのテレビ局の方からは、中国の陶磁が何で日本の国宝に指定されるのか?という、至極マットウなる質問が出ました。僕はつぎのように答えました。

それはとても古い時代に日本へもたらされたものであり、大切に伝えられてきました。しかもそれは、日本人の審美眼と美意識によって選ばれ、高い評価を与えられてきたものであって、たまたま入ってきて、そのまま偶然残ったというようなシロモノではありません。したがって、誕生地は中国であっても、日本で育った日本の美術なのです。「生みの親より育ての親」ということわざが日本にありますが、まさにそれだといってよいでしょう。

こんな風に一応は答えたのですが、この問題は機会を改めて「饒舌館長」にアップしたいと思います。

 最後にジレルさんと奥様から、すばらしいジレル天目をプレゼントされました。見込みで微妙な光を発する曜変は、近くに生える栗の葉を焼いた灰で作り出したものだそうです。

ちょっと小振りなフォルムに、フランスのエスプリを感じさせるそのジレル天目は、いま館長室の立派な丸テーブル――きっと岩崎小弥太が愛用していたにちがいない丸テーブルの上に、一つだけチョコンと乗っかっています。その小さな曜変の斑紋は、あたかもジレルさんの涙のようです。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

『いちばんやさしい美術鑑賞』2 

これらが機縁となって、静嘉堂文庫美術館で仕事をするようになってからは、必ずブロガー内覧会のコーディネーターにお願いすることになりました。現在開催中である企画展「明治 150 年記念 明治からの贈り物」に際しても快諾を得て、担当キューレーター長谷川祥子さんを加えた 3 人のトー...