2017年6月6日火曜日

国華「田能村竹田の勝利」とエルヴィス・プレスリー7


 雲にかくれる山中に すぐに草庵建てるべし
 残りの人生ぬすみつつ しばし辺りを逍遥せん
 丘に立つ松 月の影 半ば開いた窓暗く
 いわおの桂 風の中 あたり一面よい香り
 白い襖に書く詩には 古き篆書がよく似合い
 布の袋で漢方を 煮出すにゃ今の処方よし
 陶淵明の詩集読み 何度感動したことか
 僕より先に隠れ家の 荒れたるさまを嘆いてる(以上第二首)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂「曜変天目」2

黒釉の表面に多くの円い斑文が浮かび、その周囲がきらめいて星紋となり、華麗な虹彩を放つ曜変天目は、この静嘉堂文庫美術館所蔵を含めて 3 碗のみ、古くから稀観の神品としてたたえられ、日本だけに伝えられてきました。とくに僕が魅了されるのは、もちろん虹のごとき光彩です。古い文献に...