2021年1月14日木曜日

渡辺南岳筆「玄宗楊貴妃一笛双弄図」3

 絵のすぐれた出来栄えに加えて、亀田鵬斎の賛が作品のクオリティーを高めていますが、もう一つ、箱書きを見逃すことができません。かの酒井抱一が蓋表にタイトルを、蓋裏に南岳と鵬斎をたたえる一文を書いています。しかも文化9(1812)の年紀があります。新しい箱に、その部分だけを遺した形になっていますが……。

しかしどうして京都で生れ京都で活躍した渡辺南岳の作品に、江戸で活躍した鵬斎や抱一が関与することになったのでしょうか? 

それは南岳が江戸に下ったことがあり、江戸の文人たちと交流したからなんです。とくに抱一とは金蘭の友だったように思われます。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

追悼 清水義明先生3

僕がうろたえていると、すぐに清水先生が助け舟を出してくれたのです。それで発言者もよく納得されたようで、そのあと 30 分ほどの討論も無事終了したのでした。あのとき清水先生がいらっしゃらなかったら、司会者の僕は一体どうすればよかったのでしょうか。それ以来僕は、清水先生に足を向けて寝...