2020年9月16日水曜日

遂に飲み会4


   歌は明るくにぎやかに 笛は静に奏される

ウィンクくれる歌姫に 南の国の黄金を……

人の至福の最高も まぁ大体はこんなとこ

自然の流転――その謎を 知るなど毛頭不要なり

この旨酒[うまざけ]をさぁどうぞ やめちゃー駄目だ最後まで

伏して願うは陛下殿 偉大な名前が永遠に

葛のごとくに御子・孫が 綿々として続くこと

長安・洛陽 帝都には 多くの馬車が行き交うが

権力誇った漢・梁冀[りょうき] 豪華極めた晋・石崇[せきすう]

主人亡きあと旧宅と 広い庭園残るだけ

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

五木寛之『大河の一滴』6

『広辞苑』によると、「俗情」の第一義は「世俗のありさま。また、世俗の人情」です。俗情には「名利を念とする情」とか、若いころ悩んだ「情欲」の意味もありますが、もちろん大西巨人のいう「俗情」は第一義、つまり市井の人々の自然な心の動きです。「結託」がいかにも巨人的表現だとしても、世俗の...