2020年5月21日木曜日

シャンフルーリ『猫』7




 「女がネコに似ているのではない。ネコが女に似ているのだ」という名言?を思い出しますが、「補遺」には「日本の画家、北斎」という1章があります。北斎と『北斎漫画』に対する熱烈なオマージュが捧げられ、それから採ったという猫の絵が掲げられています。

もっとも、これはシャンフルーリの勘違いで、「この猫の絵は『浮世画譜』にあるもので、正しくは歌川広重の作。『北斎漫画』と混同している」という加藤さんの注記が加えられています。しかしそのことを取り立てて非難するのはナンセンスであって、シャンフルーリは北斎や広重、国芳を含めて、日本の浮世絵師たちが描き出したネコの素晴らしさに驚いているのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

石守謙「物の移動と山水画」(『國華』)11

蘇州の職業的文人画家であった李士達について、その摺扇画「平川帰渡図」(台北・故宮博物院蔵)を例に挙げながら進める石守謙さんの考察にも、シャッポを脱がざるを得ませんでした。この摺扇画には、「落日下平川 帰人争渡喧」という一聯の詩句が賛として書かれています。 これ...