2019年5月12日日曜日

メトロポリタン美術館「源氏絵展」15


最後の「石城」に「庚子夏仲 胡玉昆画 計十二冊」という款記があり、小さな印章が2顆捺してあります。この庚子は我が万治3年、西暦1660年にあたります。

キャプションによると、胡玉昆は、親友の周亮工が北京で誤認逮捕されたとき、会うために訪ねて行きました。胡玉昆は帰ってから、その親友を元気づけるため、二人の故郷である金陵、つまり今の南京の風景を描き贈りましたが、それがこの「金陵勝景図」だそうです。ちなみに胡玉昆も周亮工も明末清初に活躍した文人、『新潮世界美術辞典』にも簡単な履歴が載っています。

真景図としてのおもしろさはもちろんですが、この金蘭の友のためにこそ描くという、文人画のもっとも重要なスピリットに触れたような気がしたのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

中国美術学院「歴史と絵画」11

長い間、黒田は古典主義と印象派を折衷した外光派アカデミズムを我が国へもたらした画家であり、その決定的要因として、ラファエル・コランとの偶然ともいうべき邂逅があげられてきた。これに対して高階秀爾氏は、まったく新しい黒田像を描き出した。黒田の意図した西欧的構想画は、日...