2019年1月12日土曜日

謹賀新年12


 「車と舟」というのは、文意からいって妓女のことにちがいありませんが、よく分かりません。まさかフロイトの先取りじゃないと思いますが……。それはともかく、お酒の点では好悪を異にする僕ですが、バッチリ一致するのは風呂嫌いです。

王安石の顔がどす黒かったので、弟子が心配して医者に相談すると、医者は、「あれは垢汚れです。心配はいりません」といって澡豆[さいかち]を与え、これで顔を洗わせるようにと教えてくれました。弟子がそのこと伝えると、王安石は、「天がわしに黒を授けてくださった以上、澡豆ごときがわしをどうしようぞ」といって、平然としていたそうです。これまた三浦國雄さんが教えてくれるところです。

さて、僕も風呂嫌いで通っていますが、それは家やホテルに据え付けられているユニットバスの話で、温泉や銭湯は大好きなんです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...