2018年6月17日日曜日

静嘉堂「酒器の美に酔う」コンサート


静嘉堂文庫美術館「酒器の美に酔う」<今日61716:30まで>コンサート<古き良きウィーンの調べに酔う>(616日)

 企画展「酒器の美に酔う」にちなんで、第3回静嘉堂コンサートは、古き良きウィーンの調べに酔っていただくことにしました。もと東京交響楽団員を中心とするカルテットは、ヴァイオリンの原ゆかりさん、フルートの原義胤さん、ヴィオラの加護谷直美さん、コントラバスの本間園子さんの4人です。

ヨハン・シュトラウスⅡ世の「春の声」で幕を開けた演奏は、ワルツとポルカのリズムに会場大いに盛り上がり、続いては歌のコーナーです。次の企画展「明治からの贈り物」にちなんで文部省唱歌の「夏は来ぬ」、静嘉堂の美しい緑をたたえて「森のくまさん」、我が国ではめずらしい3拍子のワルツ風名曲「今日の日はさようなら」と、その選曲も美しいハーモニーを奏でています。

僕にとっては、森山良子の名前とともに心に刻まれる「今日の日はさようなら」――もちろん歌詞カードなんか見る必要もなく、皆さんと一緒に熱唱したことでした。

アンコールのあと、館長室でカルテットのお友だちを交えて懇親会を開きました。これまた大いに盛り上がり、饒舌館長もウィーン工芸博物館調査やウッディーリヴァーの思い出、また何人かの方が見てくださったという『國華』創刊130周年記念展「名作誕生」の誕生秘話を、饒舌せずにはいられませんでした(!?)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

東京国立博物館「斉白石」2

その後、中国や台湾、香港で斉白石の作品に触れる機会は何回かありましたが、これだけまとめて見るのは、もちろん初めての経験、改めて斉白石の豊饒な美的世界に深く心を動かされました。  これまで一般に「斉白石」を「さいはくせき」と読んできましたし、『新潮世界美術辞典』でも「...