2018年6月14日木曜日

優先席3


第一案は、全座席を優先席にしてしまうものです。窓という窓に、「優先席」のステッカーを張っちゃうんです。席という席に、「優先席」と織り込んじゃうんです。つり革というつり革に、「優先席」のマークをつけちゃうんです。

やはり優先席というのは、現代生活を快適にするために、あるいは成熟した現代社会が獲得した優しさのシンボルとして、とくに少子高齢化という大問題に直面する我が国が率先垂範すべき、すばらしいアイデァですよね。だから、全座席を優先席にしちゃうんです。

僕はまだ若いつもりでいますが、優先席の前に立つと、ときどき席を譲られることがありました。見ていると、優先席の前に立った老人や赤ちゃんマークをつけた女性が、席を譲られることもあります。日本人もまだ捨てたもんじゃありません。

全部を優先席にすれば、当然のことながら、席を譲る人、譲られる生活弱者の数は、今より確実に増えるでしょう。もちろん、今と同じで、誰が前に立とうと譲らない人は譲らないと思います。しかし、現在でも譲る人がいるわけですから、全座席を優先席にしてしまえば、その割合で、譲られる生活弱者はきっと増えることになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...