2018年4月8日日曜日

フォークデュオ・ウッディーリヴァー森一朗さま2


しゃべっているうちに、おたがいフォークソングが趣味であることが分かったので、それじゃー一度一緒にやってみようよということになりました。夕方、仕事が終わって僕がヤマハの安ギターを抱えて図書館を訪ねると、貴兄がやおらギターケースから取り出したのは、フェンダーの12弦ギターでした!! 

その調弦を聞いただけで、これは僕とレベルの違うプロはだしだとすぐ分かりましたが、もう引っ込みはつきません。聞くと貴兄は、立命館大学の学生時代、フォークソングにはまってしまい、かなり熱中したとのことでしたね。

基本的に僕のは正調アメリカンフォークであり、そのあとのアメリカンニューフォークですが、10歳ほど若い貴兄は、ベーヤン伊勢正三や、先日亡くなったはしだのりひこに代表されるジャパニーズフォークでした。「あんたのは軟弱フォークだ」なんて悪態をつきながら、それぞれ得意の持ち歌を披露すれば、もう<青春プレーバック>という感じで、盛り上がらないはずがありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...