2017年7月6日木曜日

奇美美術館「おもてなし」5


セレモニー終了後、長い時間をかけて計画を練り上げ、一週間前に現地入りをして準備を進め、遂にこの日を迎えた担当学芸員の山田正樹さんのギャラリートークへと移りました。会場には四畳半の茶室もしつらえられ、裏千家名誉師範・関宗貴さんのお手前も披露されました。

山田さんが担当した企画展「超日本刀入門」の時も感じたことですが、簡にして要を得た解説はとても分かりやすく、すっと腑に落ちるのです。今回のように通訳がつく場合、これはとくに重要なポイントとなります。「饒舌館長」みたいな解説は、通訳の方を悩ませるだけです。それに何より山田さんはイケメンです!? 奇美美術館の女性館員の方々にも、圧倒的人気があるようにお見受けしましたが……。

ランチは立派なミューゼアム・レストランで、おいしいロースト・ビーフが振舞われましたが、改めて静嘉堂文庫美術館にもレストラン――といわないまでもカフェが欲しいなぁと思ったことでした。前に広がる広い洋式庭園は、アラン・レネの傑作「去年マリエンバートで」をよみがえらせてくれましたが、もちろん筋はまったく思い出せませんでした。というより、半世紀前、映画館でスクリーンを見ながらも、筋はまったく理解できなかったのです!?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」2

いいも悪いも、一人称で語り、評価する美の世界は、今日狭まっていくばかりです。このような、美術にとってある種の末法の世に掉さすため、コレクター、美術商、現代美術作家、学芸員、研究者、編集者などさまざまな立場から、一人称で日本美術にかかわってきた有志が、このたびのプロジェクト...