2017年6月2日金曜日

国華「田能村竹田の勝利」とエルヴィス・プレスリー3


ポピュラーソングにアンサーソングというのがあるでしょう。たとえば、エルヴィス・プレスリーの”Are You Lonesome Tonight ?”に対して、ドディー・スティーブンスが “Yes, I’m Lonesome Tonight”と応じたような歌です。プレスリーのオリジナルの方は――といってもこれ自体カバー曲のようですが、ともかくもプレスリーの方は名曲中の名曲になっています。

これに対して、ドディーのアンサーソングは取るに足らないラブソングの一つですが、日本ではかなりヒットしたことを覚えています。きっとアメリカでも、よく売れたのでしょう。何といっても、元歌が天下のプレスリーなのですから……。しかし所詮キワモノの域を脱していません。吉澤先生の名論文に対して、僕のアンサーエッセーもまったく同じです!?

しかしながら、竹田の生き方こそ、人間の理想的生き方だというオマージュの気持ちを是非書き残しておきたかったのです。『國華』論文の規定枚数を大幅に越えてしまったので、ずいぶんカットしたり、圧縮したりしました。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

横浜美術館「ヌード」6

すでに紹介した渡辺京二さんは、名著『逝きし世の面影』の「裸体と性」の章において、そんな状況をよく伝えています。幕末の外国人観察者を驚かせたのは、春画・春本のはばかりなき横行でした。それはどこの店でも堂々と売られ、若い女性が何の嫌悪すべきこともないように買い求めていました。...