2020年6月30日火曜日

静嘉堂「美の競演」3



毎度お馴染みの館長おしゃべりトークは、先の基本的コンセプトを取り入れ、「競演対決ハーモニー 日本東洋絵画の美 饒舌館長口演す」と銘打つことにいたしました。これも安全を考えて、50人までとさせていただき、718日(土)と919日(土)の2回開催することにいたしました。
でもオススメは、もと静嘉堂の学芸員で、現在は武蔵野美術大学で教鞭をとる玉蟲敏子さんの講演「静嘉堂の琳派とやまと絵――発見の日々から現在へ――」で、95日(土)、午前と午後の2回行なわれます。どうみても、こっちの方が人気を集めそうです。
だからこそ、僕の口演は整理券方式ですが、玉蟲さんの講演は往復はがきによる申し込み方式なんです。朋友Yさんには、「今度は玉蟲先生にヤキモチを焼いているみたいだな」なんて言われそうですが()

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

七夕4

渡部さんは、「中西進氏は『万葉集』の七夕の歌は妻訪い婚の風習の反映で、天の川を渡るのは牽牛であるとしています。中国では織女が天の川を渡りますから、逆になっています」と書いています。これはおもしろい……と思ってチョット調べたところ、さすが、中西さんや渡部さんです !! ...