2019年9月11日水曜日

諸橋轍次博士13


郷思(1948年 66歳)

 新潟よいとこどの県も 肩を並べること出来ず
 四季折々に花と月 競うがごとき美しさ
 五十嵐川の清流は 老松の影 浮かべてる
 緑にかすむ八木ヶ鼻 水面[みなも]に影を落としてる
 奥畑先生この地にて 教えてくれた人の道
 その後 亡父も同地にて 老荘の学 修めたり
 東京生活 長すぎた 帰りたいなぁ古里へ!!
 それを夢みて陶淵明 みたいないい詩を詠みたいな

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

島尾新『水墨画入門』3

「参考文献抄」には、僕が監修した『水墨画』(美術年鑑社)があげられていますし、水墨画について拙文を書いたこともあります。しかし今回、まったく知らなかった事実や示唆的な見方を、たくさん島尾さんから教えてもらいました。「矢代幸雄の名著『水墨画』<岩波新書>から半世紀、...