2019年2月11日月曜日

森アーツセンターギャラリー「新・北斎展」3


永田生慈さんが平成三十年二月六日にお亡くなりになりました。享年六十六、あまりにも早いご逝去を心から悼み、ご冥福を胸底よりお祈り申し上げます。

 永田生慈さんとは、ほぼ半世紀にわたり、親しく交流させてもらってきました。私が東京国立文化財研究所につとめていたころ、第二研究室長・岡畏三郎先生のもとでお手伝いをしていた石田泰弘さんと、東京浮世絵研究会なるものを立ち上げたことがあります。この研究会に永田さんは、最初から参加してくれました。浮世絵界の泰斗・楢崎宗重先生に憧れて立正大学に入学し、その厳しくも温かな薫陶を受けた永田さんは、すでに仲間うちで葛飾北斎研究家としてよく知られていましたが、北斗書房という本屋さんを営みながら、研究と収集に邁進していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

金子啓明『古代一木彫像の謎』6

本来タケも東南アジアの原産で、それが中国にもたらされたものと考えられています。タケのことを英語で「バンブー」といいますが、これはタケを祭祀などで燃やす習慣のあった東南アジアで、その破裂音を聞いた欧米人が、これをその名称に用いたものであると、どこかで読んだ記憶があります。 ...