2018年6月2日土曜日

炎上!!スティーブ・マッカリー4


もっともネットによると、今回の炎上を機に、報道写真や旅行写真にこのような処理や改変を加えることが許されるものかどうか、議論が高まっているそうです。これに対する僕の答えははっきりしています。許されないと思う人は、マッカリーの写真を見なければよろしい。許されないとか、使うなとかいう権利は、だれにもないのです。そう思う人は、自分が撮った写真に使わなければいいだけの話です。

だれが何といおうと、これからもマッカリーはフォトショップを使い続けるでしょう。今回僕は、はじめてマッカリーが使っているという事実を知ったわけですが、それによって評価が揺らぐことはいささかもありません。マッカリーが好きな僕は、これからもマッカリーによって、フォトショップを使ったマッカリー芸術によって、感動を与え続けられることでしょう。 


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「明治からの贈り物」2

企画担当の長谷川祥子さんを加えたトークショーが盛り上がったことは、改めていうまでもありません。タケさんにうながされて、僕は「マイベストスリー」をあげました。①橋本雅邦の「龍虎図屏風」、②黒田清輝の「裸体婦人像」、③渡辺省亭下絵・濤川惣助作の「七宝四季花卉図瓶」です。 ...