2018年5月13日日曜日

静嘉堂文庫美術館「酒器の美に酔う」ジャンクで一杯1


 ゴールデンウィークには、実にたくさんの方々にご来館いただきました。ありがとうございます。まだの方には、ぜひ静嘉堂文庫美術館まで足を運んでいただき、特別出品の「曜変天目」とともに、我が館が誇る酒気の美に酔って欲しいなぁと祈念しています。

さて、美術雑誌『國華』については、いま東京国立博物館で開催中の特別展「國華創刊130周年記念 名作誕生」の紹介を含めて、何度もアップしたところです。この『國華』が主宰するハイグレード美術愛好クラブ()に、國華清話会があります。その会報誌に、「私の愛する三点」という連載エッセーのページが用意されているのですが、そこに「ジャンクで一杯!?」と題して寄稿したことがあります。

結構おもしろい駄文に仕上がったと自負しているのですが、何といっても発行部数の少ない会報誌のことゆえ、たくさんの饒舌館長ファン()やフェイスブック・フレンドにも読んでいただきたいなぁと思ってきました。ちょうど「酒器の美に酔う」にもふさわしいエッセーですので、後日談を加えてここに改めてアップすることにしました。よろしくご笑覧のほどを……。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「明治からの贈り物」プレス内覧会2

「地獄極楽めぐり図」は、最近とみに人気の高い河鍋暁斎の最高傑作といってよいのではないでしょうか。暁斎の大パトロンだった勝田五兵衛が、 14 歳で夭折した娘・田鶴の菩提を弔うため、特に暁斎に頼んで描いてもらった画帖です。 五兵衛は小間物問屋を営む日本橋大伝馬町の大...