2018年5月3日木曜日

根津美術館「光琳と乾山」1


根津美術館「光琳と乾山 芸術家兄弟 響き合う美意識」<513日まで>(428日)

 
 根津美術館キューレーター野口剛さんが企画した、ゴールデンウィークにオススメの特別展です。副題にあるとおり、天才的兄弟の響きあう美意識が自然と感得されるように、とてもうまく作品が選択され、構成されています。

3年前、琳派に関する拙文を集めて『琳派』を出したとき、「響きあう美」という副題をつけました。琳派絵師の美意識は、おたがいによく響きあうものでしたが、光琳と乾山における交響がもっとも顕著であったことは、改めていうまでもありません。この特別展に、静嘉堂文庫美術館が誇る光琳筆「鵜飼図」が選ばれたことも、じつにうれしいことでした。

しかし、この特別展の素晴らしさは、それだけじゃありません。野口さんの研究成果が、ちゃんと反映されていることなんです。この構成自体が成果ですが、研究的立場からいうと、始興素信同一人説が実証されたことが特筆されます。根津美術館所蔵の乾山作「銹絵蘭図角皿」の裏には、「表の一連は画師である渡辺素信が私に代わって書いた」という意味のことが、乾山の字で書かれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「明治からの贈り物」2

企画担当の長谷川祥子さんを加えたトークショーが盛り上がったことは、改めていうまでもありません。タケさんにうながされて、僕は「マイベストスリー」をあげました。①橋本雅邦の「龍虎図屏風」、②黒田清輝の「裸体婦人像」、③渡辺省亭下絵・濤川惣助作の「七宝四季花卉図瓶」です。 ...