2021年10月13日水曜日

群馬県立近代美術館「江戸と上毛を彩る画人たち」10


 しの木弘明著『金井烏洲』は、今回カタログ・エッセーを書くに当たって、はじめて読んだモノグラフです。しの木氏のライフワークだったにちがいなく、本当によく調査されています。多くのことを学びましたが、とくに烏洲がすぐれた漢詩人であったことに、深く心を動かされました。烏洲こそ関東南画を代表する詩画一致の画家だと確信した次第です。

菊池五山の『五山堂詩話』補遺第1巻にも著録されているとのこと、静嘉堂文庫にある天保版を見たところ、しの木氏が省略していたロマンティックな七言詩「七夕」も知ることができました。

五山は烏洲について「外面は骯髒[こうそう]だけれども内面は温藉[おんしゃ]である」とたたえています。「骯髒」を『諸橋大漢和辞典』に求めると、「直を好んで志を得ないさま」とありますから、直情径行にして周囲との折り合いが悪く、みずからの矜持にこたえるほどの高い評価も得られなかったのでしょう。温藉は心広く包容力があってやさしいという意味です。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東京美術俱楽部「美のまなざし」「東美特別展」2

  ここで「美のまなざし 東京美術倶楽部を彩った東京国立博物館所蔵の名品」という展覧会が開かれています。出陳されているのは、東京美術倶楽部とゆかりの深い東京国立博物館コレクションから選ばれた、国宝 2 点、重要文化財 3 点を含む 10 点の名品です。 もう一つの「東美特別展...