2022年2月13日日曜日

追悼 柳孝一さん1

 


 柳孝一さんが117日にお亡くなりになりました。享年56、あまりにも若すぎます。心からご逝去を悼むとともに、ご冥福を深くお祈り申し上げます。

柳孝一さんは日本を代表する慧眼の古美術商として、早くから美術業界でその名を知られてきました。いや、古美術ばかりでなく、現代美術からも日本の美を継承発展させるアーティストを発掘して、その真価を広く知らしめてきました。

若いときからニューヨークを拠点として、日本美術の素晴らしさを、世界に向けて発信することに情熱を傾けてこられました。それは日本文化の素晴らしさへと、裾野を広げていきました。鋭敏なる審美眼とピュアな人生観をもちながらも、来るものを拒まぬおおらかにして温かい人柄によって、すべての人から敬愛されてきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

蕪村唐寅試論14

  『今古奇観』というのは明末の短編小説集、抱甕 ほうよう 老人という人が編集したもので、わが国の江戸文学にも大きな影響を与えたそうです。唐寅の話は「唐解元 世を玩 あざむ いて奇を出だすこと」という第 33 話で、荒唐無稽にしてホンマカイナァと思わせる内容ですが、火のないところ...