2023年2月1日水曜日

東京美術倶楽部「富士山 芸術の源泉」

 

 改めてお知らせいたします。ブッチャケいえば客引き行為かな() 

静岡県富士山世界遺産センター主催・世界遺産富士山登録10周年記念特別企画展「富士山 芸術の源泉」が東京美術倶楽部で開催されます。これにちなんで24日(土)午後1時から講演会が開かれ、饒舌館長は3時から「江戸絵画史の富士山図 饒舌館長ベスト10」と題して講演、いや、口演をやることになっています。

東京美術倶楽部といっても、業界以外の方には馴染み薄かもしれません。株式会社ですが、明治40年以来の伝統を誇る美術の殿堂であり、立派な東美ミュージアムをそなえています。地下鉄都営三田線・御成門駅からすぐです。まだ席に余裕がありますので、ふるってお申込みください!! もちろん無料です。講演は3つ、全部聞きたい方は1時においでください。口演だけを聞きたい饒舌館長ファンの方は3時に……()

2023年1月31日火曜日

出光美術館「江戸絵画の華」10

僕は①落款から寛政元年(17894月、応挙57歳のときの制作だとわかること、②個々のモチーフは写生から導き出された美しい典型的フォルムを誇っていること、③しかし写生と大画面構成の相克を解決しようとする、若いころの強い意思からは解き放たれていること、④したがって全体的にみると、それ以前の有機的構成から情趣的構成へバージョンアップしていること、⑤これが弟子・呉春によって創始された四条派に決定的影響を与えたことを指摘しました。

出光佐千子館長から『江戸絵画の華』カタログを送られると、先ずこの屏風の解説を読んでみました。しかし今回は、若い研究者からとくに批判もされていないようなので、ホッとしたことでした() 

 

2023年1月30日月曜日

出光美術館「江戸絵画の華」9

僕は「このような傑作が海を渡ってしまうことを、少し残念に思う気持がまったくなかったわけではないけれども、自己の美意識にのみ忠実に収集を続けるジョウ・プライス氏に末永く愛されることになったこの屏風は、ふたたび幸せな環境に戻ったというべきであろう」と書き出しています。

しかしそれがふたたび里帰りし、しかも永住の地・出光美術館に収められたわけですから、僕の少し残念に思う気持が天に通じたにちがいありません() 

 

2023年1月29日日曜日

出光美術館「江戸絵画の華」8

 

 「僕の一点」は円山応挙の「懸崖飛泉図屏風」ですね。京都の個人宅でこの屏風をはじめて見て感を深くしたのは、20001218日のことでしたが、相前後してプライス・コレクションとなりました。3年後『國華』で「プライス・コレクション特輯号」が組まれることになったとき、この傑作はぜひ僕に紹介させてほしいと、主幹の辻惟雄さんにお願いしたのでした。

いま『國華』1290号を書架から引っ張り出してきて、ながめながらこの「饒舌館長ブログ」を書いています。


2023年1月28日土曜日

出光美術館「江戸絵画の華」7


あの2011.3.11の東北大震災のあとには、東北の人々を、いや、日本人を鼓舞し元気づけるために、プライスご夫妻はあえてコレクションを貸し出し、仙台、盛岡、福島で特別展「若冲が来てくれました――プライス・コレクション 江戸絵画の美と生命――」を開催してくださいました。秋田出身にして秋田県立近代美術館のディレクターをつとめていた僕は、プライスご夫妻の心意気に感ぜずにはいられず、盛岡と福島におけるご夫妻との鼎談講演会にみずから出席させてもらったのでした。

先の在米琳派調査旅行の前にも、辻惟雄さんに紹介され東京でお会いしていますから、文字通り半世紀の間親しくさせてもらってきたわけです。改めてプライスご夫妻には感謝の辞を捧げたいと存じます!!!!!

 

2023年1月27日金曜日

出光美術館「江戸絵画の華」6

 

都国立博物館の「琳派 京を彩る」は、チョット関係していた琳派400年記念祭をことほぐ特別展でした。ゲストキューレーターをやらせてもらいましたし、ちょうど京都の美術大学につとめていたこともあって、とくに強く印象に残っているのかもしれません。

1993年秋には、プライスご夫妻が主催した国際シンポジウム「Legacy of Japanese Art Scholarship」に参加させてもらいました。ご夫妻はカリフォルニアのコロナ・デル・マールに新しく建てた、おとぎ話に出てくるような家――マッシュルーム・ハウスにお住まいでしたが、別棟のスタディルームにおける贅沢な鑑賞体験を忘れることができません。それから谷一尚さんと一緒に泊めていただいた研究宿舎と、ご夫妻の心づくしを思い浮かべつつ、今この饒舌館長ブログを書いているところです。

2023年1月26日木曜日

出光美術館「江戸絵画の華」5

フランク・ロイド・ライトの親友にして弟子であった建築家にブルース・ゴフがいます。その設計になるオクラホマ州バートレスヴィルの旧プライス邸・心遠館にお邪魔し、コレクションを拝見させてもらったのは昭和50年初夏――それがまず思い出されます。山根有三先生をリーダーとする在米琳派調査旅行でした。今年は昭和98年ですから()48年前のことになります。

 このときの愉快な思い出は、『芸術新潮』200510月号の「光琳の七不思議」という特集に、「ニューヨークで光琳を」と題して書いたことがあります。その10年後、2015年京都国立博物館で開かれた特別展「琳派 京を彩る」のカタログにも、「琳派私的旅行」と銘打ってもう一度書いたような気がします。 

東京美術倶楽部「富士山 芸術の源泉」

   改めてお知らせいたします。 ブッチャケいえば客引き行為かな ( 笑 )   静岡県富士山世界遺産センター主催・世界遺産富士山登録 10 周年記念特別企画展「富士山 芸術の源泉」が東京美術倶楽部で開催されます。 これにちなんで 2 月 4 日(土)午後 1 時から講演会が...