2022年5月22日日曜日

蕪村唐寅試論14

 

『今古奇観』というのは明末の短編小説集、抱甕ほうよう老人という人が編集したもので、わが国の江戸文学にも大きな影響を与えたそうです。唐寅の話は「唐解元 世を玩あざむいて奇を出だすこと」という第33話で、荒唐無稽にしてホンマカイナァと思わせる内容ですが、火のないところに煙は立たずというヤツでしょう。

大きな質屋というのは、お金持ちの華学士が営むところ、小間使いというのは、奥方が着る四季折々の着物を世話するお側仕えで、秋香という美人でした。唐寅ラブストーリーとでもいったらよいのでしょうか、芸妓・小糸と老いらくの恋に落ちた蕪村は、この話を知っていたにちがいありません。

2022年5月21日土曜日

蕪村唐寅試論13

 

つぎの「花と酒」は美しい花とお酒をたたえた一首ですが、この花が女性のメタファーであることはいうまでもありません。事実、唐寅は女性が大好きでした。吉川幸次郎先生によると、唐寅の奔放不羈は兄弟子の祝允明があきれるほどでした。

道で見かけた美人のあとをつけ、大きな質屋の小間使いと知ると、身分をかくし番頭として住み込み、ついに思いをかなえたという話が、『今古奇観』きんこきかんに見えるそうです。「全然の虚構ではないであろう」と吉川先生はおっしゃっています。

僕は居てもたってもいられず( ´艸`)、逗子市立図書館に駆けつけると、『中国古典文学大系』の『今古奇観』を借り出してきました。

2022年5月20日金曜日

蕪村唐寅試論12

 

唐寅「花下酒を酌む歌」(続)

  来年の今日この花が 咲いているかは分からない

  今日 来年のことなんか 誰にもまったく分からない

  測りがたきはこの自然 しょっちゅう風吹き雨も降る

  予測不能だ 人生も 挫折・蹉跌はしょっちゅうだ

  しかし自然と人生が 同じだというわけじゃない

  自然は輝く春光で 人生――流水ごときもの

  育てることが難しく 花期も短い名花だが

  人も少年老い易く 若いころには戻れない

  花の下にて日々陶然――そうはいくまい人生は

  それゆえ花は人生が 馬鹿げたものだと笑ってる

2022年5月19日木曜日

蕪村唐寅試論11

 

唐寅「花下酒を酌む歌」

  九十日間 春 三月みつき 輝く光はすぐ消える

  手を打ち鳴らし花の下 いなか歌でも歌おうぜ

  枝に咲く花 何日間 散らずにもってるものでしょう?

  人間だってどれくらい 生きていられるものでしょう?

  昨日は花の真っ盛り 今日も続いて見ごろでも

  明日あしたは花も散っちゃって 秋草みたいになるだろう

  花を背にしている人が 去年と同じ人だとて

  去年と比べりゃ今年には 年取っちゃてる一歳も

  昨日みごとに花咲けど 枝に別れを告げ散れば

  明日あす見るためにやってくる 人が果たしてあるや否?

2022年5月18日水曜日

山種美術館オンライン講演会2

 


この作品については、去年追悼の辞を捧げた武田光一先生が『美術研究』348号に発表した名論卓説があって、すべてが尽くされています。

詳細はそれにゆずって、ここでは伊勢松阪から出た黄檗僧・終南浄寿が加えた、印象深い七言絶句の戯訳だけをアップすることにしましょう。

  おんぼろ橋に差す夕日 すでに真紅に染まってる

  川が一筋流れてる 枝垂れ柳が両岸に……

  急に旅人やってきて 渡しの水夫かこを呼んでいる

  深き碧みどりの入り江には 小さな舟がユラユラと……

 

2022年5月17日火曜日

山種美術館オンライン講演会1

 

山種美術館オンライン講演会「魅惑の山種コレクション――饒舌館長ベストテン――」

 514日午後、表題のようなオンライン講演会をやってきました。いつもどおりお得意の口演ですが、今回は聴講者ナシ、ただパソコンのカメラに向かってしゃべるだけ――はじめての体験でした。

饒舌館長としてはチョットやりにくかったのですが、とくに緊張はしませんでした。いや、実際は緊張していたらしい。間違えるはずもない杜甫「春望」の中国語暗唱を、とちってしまったのですから( ´艸`)

タイトルのとおり、山種コレクションから10点を選んでしゃべったのですが、ここでは池大雅の「指頭山水図」を「僕の一点」に選びたいと思います。

ヤジ「それにしても何十年前のポートレートを使ってるんだ!!!」


2022年5月16日月曜日

蕪村唐寅試論10

 

酒を把りて月に対する歌(続)

  李白は天才詩人だが また天才的酒仙なり

  現代詩人のこの俺も 百杯飲めば千首でき……

  李白のような才能が チョットないのを恥じるけど

  俺の非才をお月さん 馬鹿にしているはずはない

  俺も絶対乗るもんか 皇帝殿下の豪華船

  俺も惰眠をむさぼらず 花の都の宮廷で

  蘇州の田舎のちっぽけな あばら家住まいの俺だけど

  囲む樹木に桃の花 空にゃ李白の名月が……

蕪村唐寅試論14

  『今古奇観』というのは明末の短編小説集、抱甕 ほうよう 老人という人が編集したもので、わが国の江戸文学にも大きな影響を与えたそうです。唐寅の話は「唐解元 世を玩 あざむ いて奇を出だすこと」という第 33 話で、荒唐無稽にしてホンマカイナァと思わせる内容ですが、火のないところ...