2021年5月2日日曜日

サントリー美術館「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」3


 又兵衛工房や寛永時代の熱気やエネルギーはすでに沈静化して、引用によるソフィストケーションの効果に僕たちの関心が向く点からみると、制作年代は寛文年間から元禄時代に近いころでしょうか。

 先にあげたエリザベス&ウィラード・クラーク・コレクションの逸品だったこの「阿国歌舞伎図屏風」を、サントリー美術館で眺めていたら、19996月、カリフォルニア・ヴァイサリアのラディッソン・ホテルで開かれた「クラーク日本美術国際シンポジウム」がおのずと思い出されました。

クラーク夫妻が、親しかった小林忠さんにコーディネーションを依頼して、この国際シンポジウムを企画し、僕まで招待してくれたのです。しかも発表する必要はなく、ただ参加してくれればいいという、アシアゴ付きのじつに美味しい話でした(!?)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

東京藝大美術館「渡辺省亭」展3

  それまでぜひ拝見したものだと思いつつ、実見の機会はなかなか得られませんでした。それというのも、これは秘仏のような作品で、毎年旧暦の 5 月 18 日に 1 時間だけ公開されることになっていたからです。いつも時間の調整がつかず、ついに見ないままにきてしまっていました。これを見ず...