2021年5月3日月曜日

サントリー美術館「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」4

シンポジウム終了後、近くのハンフォードにあるクラーク日本美術研究センターで、コレクションを調査する時間が用意されており、もちろんこの「阿国歌舞伎図屏風」もそのなかにあって、とても興味を掻き立てられました。その日のことをサントリー美術館の会場で思い出したのです。

もっとも、この国際シンポジウムは別の意味でも忘れることができません。というのは、この直前、愛媛大学で開かれた美術史学会全国大会で、伊予の銘酒「梅錦」をしこたまやったのが悪かったらしく、現地で痛風の発作を起こし、まだ完治していなかったからです。生まれて初めての発作でした。

診てもらっていた東京女子医大・膠原病リウマチ痛風センター教授の山中寿さんから、再発作が起こりそうになったときの特効薬・コルヒチンをもらって、恐る恐る参加したシンポジウムだったからです。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

東京藝大美術館「渡辺省亭」展3

  それまでぜひ拝見したものだと思いつつ、実見の機会はなかなか得られませんでした。それというのも、これは秘仏のような作品で、毎年旧暦の 5 月 18 日に 1 時間だけ公開されることになっていたからです。いつも時間の調整がつかず、ついに見ないままにきてしまっていました。これを見ず...