2018年4月7日土曜日

フォークデュオ・ウッディーリヴァー森一朗さま1


拝啓 フォークデュオ・ウッディーリヴァー森一朗さま

 長年お勤めになった京都美術工芸大学図書館司書のお仕事も定年を迎えられたとのこと、ご苦労様でした。これからも経験を活かし、名門・関西大学の図書館のお仕事を続けられるとのこと、大慶に存じます。これまで以上に、充実した日々をお送りになることでしょう。

はじめて僕が貴兄にお会いしたのは、4年前の今頃でした。京都美術工芸大学の学長職を3年間預かることになり、何はともあれ図書館をお訪ねしました。大変立派な図書館で驚きましたが、特に心を動かされたのは、すでに『國華』が定期購読され、マガジンラックに最新号が立てかけられていることでした。

利用時間も、本の借り出し方も、そこに並んでいるコンピューターの使い方も分からない僕に、貴兄はとても親切に教えてくれましたが、そのあとしばらく雑談に花を咲かせました。はじめて会ったのに、十年の知己のような感じがしました。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

『君たちはどう生きるか』3

そんな僕にとって、そのあと出会った最高の人生論本が、色川武大の『うらおもて人生録』(新潮文庫)でした。もちろん阿佐田哲也の『麻雀放浪記』は愛読書でしたが ( 笑 ) 、直木賞作家「色川武大」の著書は初めてでした。特に「九勝六敗を狙え――の章」は、「まさにそのとおりだ !!...