2018年4月2日月曜日

広瀬淡窓8

 隈川雑詠五首の四
 夜目にもさやに亀山[かめやま]は 隈川のなか浮かんでる
 毛利高政 黒田家を 迎え撃ったる古戦場
 華麗な軍旗 彩飾を 加えた戟[ほこ]も夢のあと
 乱れ咲いてる芦の花 青き月光 照らしてる

隈川雑詠五首の五
 観音堂のその上を 雲 飛び帰る夕間暮れ
 突然 寺の鐘の音が 山の中腹から響く
 岸辺じゃ乗客われ先に…… 出発できない渡し舟
 つがいのシラサギねぐらへと 輝く白さ見せて飛ぶ 









0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

山種美術館「皇室ゆかりの美術」4

青邨は、本来のいい意味で「したたか」だったのです。漢字で書けば「強か」ではなく、「健か」の方がふさわしいでしょう。青邨はそれを奥に秘め、決して表面に出すことをしませんでした。だからこそ、青邨を誰よりも早く見出し、高く評価した横山大観のような、おもしろいエピソードはあまり多...