2018年4月1日日曜日

広瀬淡窓7




隈川雑詠五首の一
 十里も続く清流の 藍も及ばぬ青さかな
 その清流に張り出して 建った家々みんな住む
 いまだ子供は舟と櫂[かい] 操ることはできないが
 欄干から身を乗り出して 大人の真似する魚釣り

隈川雑詠五首の三
 川辺にそびえる峰々よ 屏風絵みたいな素晴らしさ
 競うがごとくどの家も 借景として見る連子越し
 豪商少しも惜しまずに いかに黄金積んだとて
 亀山の緑の絶景の 半分だって買えやせぬ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

京都国立博物館「京の刀」12

  その「おもてなし」展をアップしたときも言及しましたが、この問題を考えるとき必ず読まなければならないのは、谷口吉郎先生の『日本建築の曲線的意匠・序説』<日本文化研究8>(新潮社  1960 年)という論考です。その時はただ先生のお名前をあげただけでしたが……。確認はしていま...