2018年4月1日日曜日

広瀬淡窓7




隈川雑詠五首の一
 十里も続く清流の 藍も及ばぬ青さかな
 その清流に張り出して 建った家々みんな住む
 いまだ子供は舟と櫂[かい] 操ることはできないが
 欄干から身を乗り出して 大人の真似する魚釣り

隈川雑詠五首の三
 川辺にそびえる峰々よ 屏風絵みたいな素晴らしさ
 競うがごとくどの家も 借景として見る連子越し
 豪商少しも惜しまずに いかに黄金積んだとて
 亀山の緑の絶景の 半分だって買えやせぬ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

京都国立博物館「池大雅」4

その意味では、主知従感の画家だったといってもよいでしょう。誤解を恐れずにいえば、与謝蕪村は主感従知の画家にして俳人でした。 感性がイマジネーションを生み出しやすいことは、指摘するまでもありませんが、知性もイマジネーションの萌芽となることは、文学の歴史が証明してい...