2018年4月1日日曜日

広瀬淡窓7




隈川雑詠五首の一
 十里も続く清流の 藍も及ばぬ青さかな
 その清流に張り出して 建った家々みんな住む
 いまだ子供は舟と櫂[かい] 操ることはできないが
 欄干から身を乗り出して 大人の真似する魚釣り

隈川雑詠五首の三
 川辺にそびえる峰々よ 屏風絵みたいな素晴らしさ
 競うがごとくどの家も 借景として見る連子越し
 豪商少しも惜しまずに いかに黄金積んだとて
 亀山の緑の絶景の 半分だって買えやせぬ


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

水田宗子編『比較メディア・女性文化研究』5

僕も大学の学長なるものを 3 年間つとめましたが、雑用とはいわないまでも、管理運営に多くの時間がとられ、どうしても研究の時間や自分の余暇は少なくなってしまいます。それを確保するため、潔い決断をされた水田さんに、心からのオマージュを捧げたいと存じます。 世の中には恩を仇で...