2021年11月30日火曜日

鹿島美術財団東京美術講演会13

 

 


 ついでながら李白「月下の独酌」にちなみ、『雲萍雑志』の著者とされてきた柳沢淇園の詩から、二日酔いが詠み込まれた一首を、入矢義高先生の『日本文人詩選』(中公文庫)からマイ戯訳で……。

   西域由来のザクロの実 洛陽名物 有[あり]の実を

   描いて贈らんハナムケに 旅路の無事を祈りつつ……

   酸いと甘いのメタファーが この絵のなかに隠れてる

   喉をうるおし二日酔い 醒ましてほしい君だけが

0 件のコメント:

コメントを投稿

東京美術倶楽部「富士山 芸術の源泉」

   改めてお知らせいたします。 ブッチャケいえば客引き行為かな ( 笑 )   静岡県富士山世界遺産センター主催・世界遺産富士山登録 10 周年記念特別企画展「富士山 芸術の源泉」が東京美術倶楽部で開催されます。 これにちなんで 2 月 4 日(土)午後 1 時から講演会が...