2021年11月29日月曜日

鹿島美術財団東京美術講演会12

李白「月下の独酌」

  酒壷 抱えて花の下 独り友なく飲んでたが

名月のぼり盃[はい]挙げりゃ 自分の影と三人だ

だが月 酒を飲むでなし 影 俺のまま動くだけ

「月さん 影さん 付き合えよ!! こんな楽しみ春だけだ」

 歌えば月はユラユラと…… 踊れば影はフラフラと……

 醒めてるうちは楽しいが 酔えばおたがいサヨウナラ

「飲み友達だ いつまでも!! 銀河のかなたでまた会おう!!

 いいなぁ!! 実にいいなぁ!! 李白1000首のベストワンは、何と言ってもこれでしょう。だからこそ、『中国詩人撰集』<李白>上・下の上巻劈頭に据えられているんです。マイ戯訳もケッコウうまくいってるかな() 6句目は字面のままに訳しましたが、李白の真意を思いやれば、「微醺のうちは楽しいが 酩酊すればサヨナラだ」ということになるかな?


0 件のコメント:

コメントを投稿

宝塚「めぐり会いは再び」11

今回、宝塚歌劇を初めて観ましたが、みなさんの関心が大変高いことも今回はじめて知りました。たくさんのコメント、批判、体験談が寄せられたからです。例えば……。 ①   宝塚歌劇にもエロティシズムの強い演題は少なくない。もっとたくさん観てから論じるべきだ。 ②   日比谷より宝塚で鑑賞...