2021年9月12日日曜日

火酒17


 16回連載した「火酒」も昨日で終る予定でしたが、あと2回続けることにしました。というのは、いつか直接当たってみたいと考えていた『因伯紀要』がちょうど手に入ったからです。1冊欲しいなぁと思って「日本の古本屋」を検索したら、あることはありましたが15000円――チョット高いなぁとあきらめ、まさかと思いつつヤフー・オークションを検索したら、これが3分の1で出品されていたんです!! 

ソク入札してゲットしました。もっとも、「日本の古本屋」のは1907年の初版みたいですが、コチトラのは1981年の復刻版です() 鳥取県が再置されたのは1881年だそうで、その100周年記念に当たり、鳥取市の矢谷印刷所という会社が、1500部限定で復刻したもののようです。復刻版といっても、内容に変りはありません――当たり前田のクラッカー!!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

追悼 大久保一久さん2

正やんの曲がどんなにすぐれていたとしても、久保やん――大久保一久さんとのあのハミングがなかったら、あるいは久保やんのセカンド・ギターを欠いていたら、あれほどの大ヒットにはならなかったでしょう。事実、その前にリリースされたかぐや姫の「 22 才の別れ」は、大してヒットしていなかった...