2017年12月24日日曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>9


さーて よく聴け 弟子たちよ!!

等しく理想を堅持せよ!!

天地の真理を発見し 事の本質 希求せよ!!

人の一生 通り過ぐ 旅人みたいなものだから……

古い知識や智恵などは 何の役にも立ちやせぬ

虚心を意味する虚室こそ 我らが住むべき空間だ

千歳[ちとせ]の昔懐かしく たとえ心に描いても

往ってしまった古[いにしえ]に 感謝の必要さらになし

何でもかんでも「相共に」――なんていうことありえない

中身なくなり形だけ 残れば自然に消滅せん(其の三) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

金子啓明『古代一木彫像の謎』5

我が国のクスノキ像として、もっともよく知られているのは、何といっても法隆寺の「百済観音立像」ですね。はじめにお話したように、去年 11 月、國華清話会特別鑑賞会で拝見した「僕の一点」です。あの美しくスッキリとした垂直性を、中国の南朝様式に結びつけるか、斉隋様式と関係づける...