2017年12月24日日曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>9


さーて よく聴け 弟子たちよ!!

等しく理想を堅持せよ!!

天地の真理を発見し 事の本質 希求せよ!!

人の一生 通り過ぐ 旅人みたいなものだから……

古い知識や智恵などは 何の役にも立ちやせぬ

虚心を意味する虚室こそ 我らが住むべき空間だ

千歳[ちとせ]の昔懐かしく たとえ心に描いても

往ってしまった古[いにしえ]に 感謝の必要さらになし

何でもかんでも「相共に」――なんていうことありえない

中身なくなり形だけ 残れば自然に消滅せん(其の三) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「川喜田半泥子私論」7

翌日はお馴染みの河野トーク、演題は「福田豊四郎 北国の抒情」、この郷愁の画家について持論を吐露していたら、絶筆の「紅蓮の座・池心座主」にたどりつく前に、タイムアップとなってしまいました。 この日の午前中はフリーだったので、前から訪ねてみたいと思っていた石水美術館への...