2017年12月22日金曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>7


厳調御「臨古帖」<陸柬之「五言蘭亭詩」>(№57

 偉大なイメージ悠々と 心の中を流れてく

 一瞬一瞬変転し 決して止むことありやせぬ

 それに影響与えたり 変容させるは俺にゃ無理

 それは行ったり来たりして 止[とど]めることも俺にゃ無理

 本筋追えば最後には 安らかにしていられるし

 ものの順序にしたがえば 真理おのずと担保されん

 思慮深いとはいまだなお 悟ってないこと意味するし

充足なんて利害から 判断下しただけだろう

 流れのままの遭遇に 身を任すことできぬなら

 自然の中を散歩せよ 素敵な一日[ひとひ]となるだろう(其の一)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

山種美術館「皇室ゆかりの美術」4

青邨は、本来のいい意味で「したたか」だったのです。漢字で書けば「強か」ではなく、「健か」の方がふさわしいでしょう。青邨はそれを奥に秘め、決して表面に出すことをしませんでした。だからこそ、青邨を誰よりも早く見出し、高く評価した横山大観のような、おもしろいエピソードはあまり多...