2017年9月20日水曜日

東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」6



 宗珉は今でいうところの潔癖症で、一流のちゃんとしたものしか絶対口にしませんでした。あるとき一蝶は、近所のお菓子屋で売っている麁品の餅――これまた今の言葉でいえば激安粗悪食品というところでしょうか、そんな餅を出して自分が食べたあと、君も一つ食えよと勧めました。


宗珉がやむを得ず、我慢しつつ飲み込むようにして食べるのを見て、一蝶はクスクスニヤニヤ……。そんなことをやって、潔癖症の宗珉をからかったそうです。絶海の孤島ともいうべき三宅島で10年以上も暮した一蝶にとって、マイソフォビアなんてチャンチャラおかしかったのでしょう。


その後「仏涅槃図」はボストン美術館で修理が施され、見違えるようにきれいになりました。僕も18年ぶりに見て、驚かずにはいられませんでした。また軸木から、正徳三年初春という墨書銘が見つかったことも、うれしいニュースでした。


展覧会カタログには、この修復事業の報告と、神戸市立博物館の石沢俊さんによる新知見が載っていますので、ぜひ一読をお勧めしたいと思います。できたら僕の『國華』拙論も一緒にね(笑)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

『君たちはどう生きるか』3

そんな僕にとって、そのあと出会った最高の人生論本が、色川武大の『うらおもて人生録』(新潮文庫)でした。もちろん阿佐田哲也の『麻雀放浪記』は愛読書でしたが ( 笑 ) 、直木賞作家「色川武大」の著書は初めてでした。特に「九勝六敗を狙え――の章」は、「まさにそのとおりだ !!...