2017年6月2日金曜日

国華「田能村竹田の勝利」とエルヴィス・プレスリー3


ポピュラーソングにアンサーソングというのがあるでしょう。たとえば、エルヴィス・プレスリーの”Are You Lonesome Tonight ?”に対して、ドディー・スティーブンスが “Yes, I’m Lonesome Tonight”と応じたような歌です。プレスリーのオリジナルの方は――といってもこれ自体カバー曲のようですが、ともかくもプレスリーの方は名曲中の名曲になっています。

これに対して、ドディーのアンサーソングは取るに足らないラブソングの一つですが、日本ではかなりヒットしたことを覚えています。きっとアメリカでも、よく売れたのでしょう。何といっても、元歌が天下のプレスリーなのですから……。しかし所詮キワモノの域を脱していません。吉澤先生の名論文に対して、僕のアンサーエッセーもまったく同じです!?

しかしながら、竹田の生き方こそ、人間の理想的生き方だというオマージュの気持ちを是非書き残しておきたかったのです。『國華』論文の規定枚数を大幅に越えてしまったので、ずいぶんカットしたり、圧縮したりしました。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

三菱一号館美術館「レオナルド☓ミケランジェロ展」2

「僕の一点」は、やはりダ・ヴィンチの「少女の頭部 <岩窟の聖母>の天使のための習作」です。鳥肌が立つような素晴らしさは、とても人間業とは思えません。じっとながめているうちに、パブロ・ピカソの古典主義時代の作品が脳裏に浮かんできたのでした。 そしてピカソはこの作品...