2022年5月13日金曜日

蕪村唐寅試論7

 

彦九郎日本に還るに詩を作りて之れを餞とす 

 浮き草みたいに二度までも 我が中国へやって来た 

国に帰れば誇らしく 語るんだろう渡航歴 

はたちの青年 剣と玉 身に帯び皇居に参内し 

星も瞬く真夜中に 宿直とのいの役をやってきた 

三年過した客人まろうどに 送別の歌 贈りたい 

大海原をスイスイと 無事に故国へ万里越え……

その旅のあといつの日か 必ず戻って来て欲しい

別れの竹と花束を いま贈るのは止めとこう

0 件のコメント:

コメントを投稿

蕪村唐寅試論14

  『今古奇観』というのは明末の短編小説集、抱甕 ほうよう 老人という人が編集したもので、わが国の江戸文学にも大きな影響を与えたそうです。唐寅の話は「唐解元 世を玩 あざむ いて奇を出だすこと」という第 33 話で、荒唐無稽にしてホンマカイナァと思わせる内容ですが、火のないところ...